ホーム > 病気のこと > 脳卒中の種類

脳卒中の種類

脳卒中は起きる原因により脳梗塞と脳出血が代表的です。

脳の血管が詰まるタイプの代表が脳梗塞で、脳の血管が破れるタイプの代表が脳出血となります。以前は脳出血が多かったそうですが、最近では脳梗塞が多いそうです。

昔、脳出血が多かったのは高血圧の治療が悪く、栄養不良で血管が弱かったためだそうです。最近では、糖尿病や高脂血症が増えているため血管が詰まる脳梗塞が起こりやすいと言われています。

脳溢血と脳出血

脳出血の別名が脳溢血です。両者には微妙な違いがあり脳溢血は比較的大きな出血のときに呼ばれ、脳出血は小さな出血も含まれるようです。

脳梗塞

血管が詰まるタイプの脳梗塞は脳卒中死亡の60%以上を占めますが種類は3つあります。

1.脳の太い血管の内側にドロドロのコレステロールの固まりができ、そこに血小板が集まり動脈をふさいでしまう「アテローム血栓性梗塞」

2.脳の細い血管に動脈硬化が起こって詰る「ラクナ梗塞」

3.心臓にできた血栓が脳に流れてきて血管をふさいでしまう「心原性脳塞栓症」

脳出血

脳の中の細い血管が破れて出血し、神経細胞が死んでしまうタイプが脳出血で脳卒中死亡の10%強あります。

高血圧や加齢で脳の血管が弱くなることが原因となり、血管が破れることが多いそうです。日中に活動しているときに、半身マヒ、頭痛やめまい、意識障害などが起こります

くも膜下出血

脳をおおっている軟膜、くも膜、硬膜のうち、くも膜と軟膜の間にある動脈瘤が破れて、あふれた血液が脳全体を圧迫するもので脳卒中死亡の10%強あります。

突然激しい嘔吐、頭痛、けいれんなどが起こりやすく、意識がなくなり急死することもあるそうです。