ホーム > 病気のこと > そもそも脳卒中とは

そもそも脳卒中とは

先天性の病気や事故などのケガを除くと脳卒中で倒れて障害が残るケールが多いのではないかと思われます。私の兄弟も脳卒中で倒れて結果として障害者となりました。

脳卒中がどのような病気かは、何となくは知っている方は多いと思いますが、簡単に紹介します。

脳卒中とは脳の血管が詰まって、その先の細胞に栄養が行かなくなったり、血管が破れたりして細胞が死んでしまう病気です。

発作が起きると、意識がなく無くなる、ろれつが回らない、半身が麻痺するなどの症状が出ます。

発作が起きる前に、一時的に半身が麻痺や手足がしびれる、ものが二重に見える、言葉が出にくくなるなど前兆が起きることも有るようです。脳の血管が一時的に詰まることで起こるもので、発作の前に治療が行えることもあります。

血管の破裂の場合も、小さな出血が始まり数日間激しい頭痛を感じることもあるようですが、何も気付くことなく発作が起きることも少なくないようです。

小さな予兆を見逃さないことと、発作が起きてしまったあとは、できるだけ早く治療を行うことで病状に大きな違いが出てきます。

治療が遅れれば病気が進行して症状は悪化しますし、命を失うこともあります。脳の損傷が大きくなれば障害も多く残ります。

脳卒中の主な種類としては
・脳の血管が詰まる脳梗塞
・脳の血管が破れる脳出血
今は脳梗塞の方が多くなっています。

コメントする